パッシブデザイン

自然エネルギーを利用した、体に優しいエネルギー効率のいい家
自然回帰の家は、パッシブデザインを採用した、自然エネルギーを利用することで体に負荷がかからない、かつエネルギー効率がよい家です。さらに、その土地とそこに暮らす人に合わせた快適な空間をご提案しています。たとえば、夏の日差しが入りにくくすることで室内の気温を上がらないようにすることや、日中照明器具を使わずに快適に暮らせる明るさをもつ空間を提案するなど、快適に省エネで暮らせるようにその家をデザインしていきます。


エアコンが最小限になる暮らしは、本当の人らしい暮らし
「心地よい空間=体に負荷のかからない空間」だとすれば、夏の暑さや・冬の寒さをしのぐ家がとても気持ちのいい空間ということになります。しかしながら、日本には四季があり、ただ温めればいい・冷やせばいいということではありません、そして、夏ならば冬の寒さが、冬ならば夏の暑さがそこにあればとエアコンなどの機器を利用して過ごすことが当たり前になり、人間が本来持つ体温調節機能が鈍っているのも一つの要因かもしれません。さらに、エアコンを利用することは、環境負荷もかかるエネルギーを使うことにもつながります。なるべくエアコンなどの機器を使わずに暮らせるパッシブデザインをすることが大切です。

土地の環境を考慮して「快適」「省エネ」「予算の節約」を手に入れる
「体に負荷のかからない空間」は単純に住宅の性能を上げることで手に入れることもできます。しかしながら、住宅の性能を上げただけで得られると思っている家づくりを私たちは好みません。住宅の性能上げるということは、それだけ建築費も大きくなるからです。その土地の方角や環境などを考慮かつ利用した設計は、「快適」「省エネ」「予算の節約」となります。快適さや省エネの機能を得たうえで、その分予算を他の部分に使うこともできますし、節約することもできます。

家の燃費(エネルギー消費量)を見える化して使いこなす
皆さんは自分の家のエネルギー消費量をご存知ですか?車に燃費があるように、家にも燃費があるのです。どんなに高性能な家を作りあげたとしても、そこに暮らす人がその性能を生かし切れなければ、宝の持ち腐れとなってしまいます。そこで私たちは、その家のもつ性能を適切かつ最大限に使いこなしていただけるよう、HEMS(Home Energy Management System)等の家のエネルギー効率がわかる機器と共に、エネルギー効率のよい暮らし方をアドバイスしています。その家に住む人々に合わせた暮らし方や提案なども本当の意味でエネルギー効率のいい家と呼べると考えています。

 


家づくりに関する疑問、不安、何でもご相談ください。

 

ページ上部へ戻る