身体に優しい自然素材

「体に優しい空間=心地よい空間」 だからビニールクロスは使わない
私たちは、「体に優しい空間=心地よい空間」だと考えています。
素材を常に吟味し、五感で感じ取りながらそこに暮らす人の空間を作りあげていくのが自然回帰の家です。

千葉工務店では以前より「ビニールクロスは使わない」宣言をしています。
この宣言は内装材に「ビニールクロスを使わない」というだけではなく、「ビニールクロスと同じような有害な化学物質を放出する物は使わない」という宣言なのです。人の体は正直にその有害性を感じ取ることができます。建築のプロフェッショナルである私たちが、一つひとつの素材を吟味し、人の体に安全な素材のみを使います。自然の中で暮らすように心地よい、それが自然回帰の家なのです。

「耐久性」、「簡易で素早い施工」がもたらした人体への悪影響
「心地よく暮らす」ことは当たり前でありたいと誰もが考えていると思います。そして、家は風や雨などから人を守るための大切な空間でもあります。かねてから建築業界では、空間が美しくあることや、曲がったり割れたりはがれたりしない高い耐久性を持つことを目指した素材の研究開発を進め、それらの素材は簡易で素早く施工できる物へと変化していきました。当然、それは自然な物ではなく化学物質を利用した「新建材」と呼ばれる新しい仕上げ材となり、一般的となりました。

しかしながら、住宅の性能変化にともない、新建材から放出される化学物質は家の中へと閉じ込められるようになったことで、より人体への影響が大きくなり、心地よく暮らすことができなくなってきました。アレルギーの発症のひとつの要因として、住宅建材の化学物質が影響していることも知られています。「そんな見た目だけが美しい空間で暮らすことは本当に心地いいのか? 」そういった疑問から、家づくりを追求した結果、自然回帰の家が生まれたのです。

体に優しい安全な素材をご提案する「自然素材マイスター」でありたい
昨今、一般的となった自然素材。しかしながら、「自然素材住宅=人体に完全に安全」とは言い切れません。正直なところ、完全に化学物質を発しない素材のみで現代の家を作るのは難しいことです。ひとくくりに自然素材といっても、施工するために有機溶剤などを混ぜないと施工できない自然素材もあります。低コストにするために、表面だけを無垢材にしたような木材もあります。そういったものを安全な自然素材と謳っておすすめすることを私たちは好みません。自然回帰の家で使用する素材は、建築のプロフェッショナルである私たちが一つひとつ吟味し、人体への有害性がないものあるいは有害性が極めて小さい素材のみを厳選して使用します。そして、素材の安全性についての情報収集や知見を深めることを怠らずに、皆さまに体に優しい安全な素材をご提案する自然素材マイスターでありたいと思っています。

 


家づくりに関する疑問、不安、何でもご相談ください。

 

ページ上部へ戻る