お客さまの声

お客さまの声
 

T様

  • T様
  • 天然の木で作られた家だから「香」「肌触り」「色合い」という視覚、触覚、嗅覚で心地よさを感じて生活しています。また、風の通り道を永吉氏が計算して設計されていることで、夏でも自然の風を感じることができ、夜も快適です。また、障子等日本の文化に即した生活するよさも感じて過ごしています。さて、施工後の工務店との関わりですが、年数回の日本的なイベント〈餅つき等〉を家族全員で楽しく参加させていただいています。

F様

  • F様
  • 予算の事などが不安で、他社と千葉工務店の2社で検討していました。最終的に千葉工務店に決めた理由は、とにかく千葉社長が一生懸命でした。予算が合わず、その旨を両社に伝えると他社はその分をサービスしますと即答でしたが、千葉社長は、2週間待ってくださいと言い、その後に出てきたプランは減額案。もう千葉工務店に決定でした。千葉工務店のイベントは本当に楽しかったです。特に伐採ツアーは楽しく、自ら伐採した大黒柱は一生の思い出です。

I様

  • I様
  • 戸建て住宅を建てようと思ったのは、障害を持つ長女が熱性麻痺を起こし救急車を呼んだ時に、当時マンションに住んでいたため救急車が敷地内に入るのに難儀したことが始まりでした。住宅展示場でHMと話をしましたが、規格外の設計は当然オプションになるため自分達の望む家はあきらめました。そこで注目したのが無垢材で家づくりをしている工務店でした。数社にアプローチし、一番こだわりを持っていると思い、千葉工務店に決めました。社長自らプランを担当してくれる事も決めた理由です。千葉さんからの提案はいつも驚きでした。スキップフロアや家の中のスロープ等、本当にワクワクする提案でした。これなら長女もどんどん体を動かしてくれると思いました。竣工した日に長女が自らスロープを上がり始めたのを見た時は、思わず涙が出てしまいました。この家を建てて本当に良かったと思える瞬間でした。

N様

  • N様
  • 以前、新築のマンションに入居後すぐから酷いシックハウスになったことから、国産材を使い、有害な化学物質を含まない素材で家を建てる事を目指しました。長年購読していた「チルチンびと」に千葉工務店さんが手掛けた家が掲載されていたのを目にし、実際に建てられたお宅を何軒も見学させていただき、参考に出来る事はどんどん取り入れて、自分達の家づくりを進めるステップとして大変参考になりました。どんな家を建てるかは大事ですが、どんな人達が建てているかも家づくり家づくりを考える上で重要なポイントになりました。この家に一年暮らしてみてマンションとの違いを実感しています。木の温もりと香りに癒され、毎日がとても快適です。部屋の空気がきれいで、じめじめした梅雨や冬場でも無垢材やシラス壁など湿気をしっかりと吸収してくれるため結露もなく、気持ち良く過ごしています。お陰様で休みの日は家で過ごす時間が増えました。特に旅行から帰って来た時など、玄関を開けた瞬間、木の良い香りが家中に漂っていて、ああ家が一番いいなあと実感します。家具も作り付けにしていただいたので、お掃除がしやすく、地震の時も安心です。有害物質を使わない家というのは虫にとっても居心地が良いらしく、部屋の隅に蜘蛛の巣がすぐにできます。良い家を建ててくださった、千葉工務店の皆様、職人さん、家づくりに関わった多くの方々に感謝の気持ちでいっぱいです。

H様

  • H様
  • 旧家は、築45年を超えており、冬寒く、夏の西日が暑く、住むのに厳しい家でした。2005年の年初から、生活のしやすい家を建築したいと動き始めましたが、何も知らないので、夫婦で展示場を訪ね、有名ハウスメーカーの営業マンから話を聞く事から始めました。ところが、一度相談したら電話と訪問攻めに開口し、断るのに苦労した経験から、これがトラウマとなって暫く動くことができませんでした。しかしながら、どうしても家を新築したいという思いから、その後も、懲りずに有名ハウスメーカーを訪ねていました。全館空調の家にもあこがれ、設備の説明会にも参加しました。最終的には、数社に設計図と最終見積を出してもらいましたが、接着剤の毒を換気で誤魔化すという方法に納得できず、工法の選択にも行き詰ってしまいました。約8年かけた結果、「シックハウスでない自然素材の家を建てたい」という結論に至りました。そして、妻が友人に勧められて購入した「チルチンびと」で、幸運にも千葉工務店に出会う事ができました。千葉工務店宛にメールし、営業の川田さんから返信をいただきました。2014年4月10日のことです。14日にモデルハウスで1回目の打ち合わせをしました。千葉工務店のモデルハウスは、木の香りが充満しており、とても気に入りました。説明してくださる内容が自分達の希望に一致していたので、そのとき、川田さんに「本当ですか?」と発言したようです。無垢材だけを使用する、標準仕様で合板がゼロ、壁紙を接着せず薩摩中霧島壁を使った左官壁。などなど半信半疑であったのだと思います。20日には、板橋の完成見学会に行き、設計アンケートを提出し、第2回目の打ち合わせで、千葉工務店にお願いすることに決めました。

    今回、当初プランを読み返して、希望がほとんど実現している事を改めて確認しました。夫婦で試行錯誤しつつプランを温めて来たので、具体的になっていたのだと思います。内容としては、シックハウスでない自然素材の家。バリアフリーにしたい。2階に和室、押し入れ一間。神棚南向き、仏壇は東向き。縁側は1.5間か1間。床は板張り、壁、天井は左官等々です。実際に住んでみて、断熱が良いので、例えば暑い日に外から帰ってくると、家の中がひんやりしています。庇の出が考えられているので、夏は部屋に陽が差し込まず、冬には陽が差し込むという理想的な状況です。耐震等級3で安心です。木に囲まれて居心地が良い。千葉社長の本物にこだわっている姿が気に入りました。千葉工務店は、のんびりしているというか、営業的な押し付けは全く感じませんでした。営業部長の川田さんの人柄だと思います。設計部長の永吉さんは、希望を聞いて対応する力があり、注文を叶えていただき本当に感謝しています。棟梁の田頭さんのプロの仕事ぶりには本当に心打たれるものがありました。監督の亀江さんにもお世話になりました。近所の方から、大工さんのごみの処理や後片付けがきれいで良いとほめられました。入居後二年三か月経ちましたが、我が家の出来栄え、住み心地に満足しております。名前をあげられなかった方も含め全ての関係の方々に感謝しております。


新しく家を建てる方 リフォームをご検討中の方

 

家づくりに関する疑問、不安、何でもご相談ください。

電話番号 お問い合わせ

 

千葉工務店 施工事例
家づくりの流れ

ページ上部へ戻る