羽生の古民家 改修が進み広々な居間が見えてきました

改修を進めている羽生の古民家ですが

改修が進み低かった天井を取り払い、広々とした空間となってきました。



大工さんの頭の上にあるのが、今まで2階の床板を置いてあった梁です。

更にその上に小屋梁があり、その一段目の梁を見せる高さで天井を作りました。

その結果、吹抜けの居間とすることができ、圧迫されていた部屋を一新し広々空間となりました。

梁も部分的に撤去していますので、柱に元々あった梁の跡が残ります。

その穴を大工さんが塞ぎます。古民家ならではの一手間です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

でもこれだけ広い空間とすると、寒さが気になります。古民家といえば寒い、との連想もされるように、寒い家でした。

この寒さを解消するため、断熱の工事も進めています。新しく作った天井、床下、壁に断熱材を入れています。

まず天井裏

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

右上にある白く写っているのが断熱材、厚さ20cmです。

床下と壁にも

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

元合った屋根と壁の間に合った隙間を大工さんが塞いでます。断熱をしても隙間風があると寒くなりますから、手ぬかりなく工事を進めています。

蓄熱する床暖房、断熱工事、隙間をふさいで暖かい家となり、お客様のご希望であった開放的な家に生まれ変わろうとしています。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク