倒れていた柱を起こし筋違も追加しました。

羽生で進行中の古民家のリフォームですが

倒れていた柱を起こし、元々立っていたように直すことが出来ました。

写真のように斜めの材でつっぱたりワイヤーで引っ張って、苦労しながら目的を達成することが出来ました。

ここまでだと、また倒れてくることもあるだろうし

地震の時に横揺れを起こして倒れてしまうことも考えられます。

そこで、筋違も追加しました。

今回は4寸角の材を柱と柱と間に追加しました。

通常は厚さが45cmなのですが今回は120cm×120cmの材を斜めに入れて筋違です。

見ていて安心です。

更に、屋根の下にある梁にも斜めの材を入れ、建物がねじれないような工夫です。

水平構面の補強なのですが、この水平構面は忘れがちです。

建物を横に押すと筋違のある部分は動きません。

筋違のない部分は屋根が動いてしまいます。

屋根が極端に動いてしまうと、屋根の下にある壁や柱は壊れてしまい、建物が壊れしまうことになります。

これを防ぐために屋根面にも斜材を入れ、水平構面を補強しました。

当初、屋根の下の梁は丸太の梁で曲がっていますので、難しいかなと思いましたが、大工さんに相談すると、写真のような斜め材を入れることにし、直ぐに決定。

壁の筋違と屋根の斜め材による水平構面強化でかなり丈夫になったはずです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク