千葉工務店のZEH建築棟数目標について

千葉工務店からのお知らせです。

 

皆さんは「ZEH(ゼッチ)」ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスという言葉をご存知ですか?

 

これは、

  • エネルギーを極力必要としない家。ここが最も大切です。千葉工務店では庇による日射遮蔽や風通しといったパッシブデザインによってエネルギー削減を目指しています。もちろん高断熱化も忘れず怠らず実施しています
  • 高性能の設備(省エネエアコンやLED照明、高効率給湯器など)でエネルギーを上手に使う
  • 太陽光発電などでエネルギーをつくる

この3点を組み合わせて、太陽光発電などで発電して作り出した電気と消費するエネルギーを相殺するとエネルギー収支が0になる住宅のことです。

 

これは日本の家づくりの大枠のひとつで、エネルギーが0になるため購入する電気代やガス代が節約できるだけでなく、放出する二酸化炭素が少なくなるので地球環境にも貢献できるというわけです。

 

2020年までにZEHが占める割合を50%以上にすることを目標にするハウスメーカーや工務店を「ZEHビルダー」とし、登録・公表を行っています。

 

千葉工務店も2020年までに全棟数の50%をZEH、Nearly ZEH(ほぼZEH)とすることを目標として、2018年度、2019年度は下記の目標を掲げています。

  ZEH

(新築)

Nearly ZEH

(新築)

Nearly ZEH

(改修)

ZEH・Nearly ZEHの合計
2018年度 15% 5% 3% 20%
2019年度 25% 5% 3% 30%

 

2017年度は残念ながら0棟でしたが

現在千葉県流山市でZEHを1棟工事中、年度内に引き渡し予定です。

またブログ等でもお知らせしていきたいと思いますので、ぜひ皆さんもチェックしてみてください。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク