2019年度のZEHの報告です。

2019年度のZEH住宅についての報告です。

自然回帰の家 千葉工務店はZEHビルダーとなっています。

ZEHとは Zero Energy House のことです。

エネルギーがゼロの家という意味です。

家を新築して住み始めると冷房・暖房・照明を使うことでエネルギーを消費します。

この時、エネルギーの消費を抑えて、なおかつ太陽光発電などによってその家で創られたエネルギーも加味して、トータルでエネルギー消費がゼロの家がZEH住宅です。

自然素材・国産の無垢材で家を作り、化学物質を使わないようにする自然回帰の家ですが

一方ではエネルギーの削減についても取り組みを続けています。

その中の一つがZEHです。

2019年度は新築の住宅を5棟、大規模のリフォームを2棟の実績です。

この中でZEHは無しという残念な結果となりました。

ZEHの実績はまだまだ少ないですが自然素材・国産無垢材・化学物質の排除はつらい抜いてきた姿勢です。今後も忘れない家づくりの姿勢です。

冷房・暖房のための消費エネルギーを抑えるには、家の高断熱化と機器の効率化が必要となります。

そのためには効率の良い断熱材の利用を思いつきます。

ところがこの断熱材、化学物質そのものなのです。

また、太陽光パネルを屋根にたくさん乗せて作り出すエネルギーを多くすれば結果的にZEHにはなります。

千葉工務店では単純な発想ではなく、障子で窓の断熱を強化、風通しを考えたり、左官材や無垢板による調湿、軒の出による遮熱といった、家の骨格と呼べる部分に工夫を凝らしてZEHを目指します。

2020年度もこの事業の申請を進めているところです。

カテゴリー: 未分類 | 2019年度のZEHの報告です。 はコメントを受け付けていません。

羽生の古民家で吹抜けの天井が仕上がりました。

羽生の古民家では、吹抜けの天井が仕上がり内部の足場を取り払いました。

広々したリビングが完成直前です。

150年前の大黒柱、差し鴨居、小屋に隠れていた梁の力強さと

新しく塗った天井の光り輝きが 目に飛び込んできます。 言い過ぎでしょうか。

この天井は天然シラス(南九州に積もった桜島の火山灰)を原料とした左官材です。

思えばこの天井の材料も数百年前のもの、大黒柱なども150年前に建てられたもの、どちらも私たちの生まれる前からのもです。

こんな古い家に新しく入れるものの一つに断熱材があります。

天井裏には厚さ200mmの断熱材、床にも壁にも断熱材を入れています。

薪ストーブも設置し、シーリングファンも取り付けたので暖かい家となります。

現在は玄関土間のタイル、薪ストーブ廻りの床と壁のタイルを張っています。

もうひと踏ん張りで完成です。

4月末に完成見学会の予定でしたが

新型コロナウイルスの感染拡大を予防するため、見学会は中止としました。

残念ですが、ウイルスの感染が終息の後、改めてご案内できると思います。

カテゴリー: 未分類 | 羽生の古民家で吹抜けの天井が仕上がりました。 はコメントを受け付けていません。

羽生の古民家は床を貼っています

羽生の古民家では床の無垢板を貼っています。

床板はナラ材、もちろん国産の木材です。

縁側の板も今回ナラ材に張り替えました。

既存の板や柱の根元を抑える材を取り払わないと

どうしても柱を垂直に起こせないという事で

思い切って縁側の床も新しくしました。

床に加えて壁と天井にも断熱材を入れていますので、寒い家を暖かい家に改修できたことと思います。

ただ、暫くは週末のみの滞在のようです。

人が住まずに一瞬間も経つと家は冷え切ってしまいます。断熱を強いない家はなおさらのことです。

暖かくすることがリフォーム工事の目的でしたので床暖房が床下に工事済です。

この床暖房は水を入れ密閉した袋を敷き詰め、これに熱を加える仕組みです。

水は木材に比べて冷めにくい材料ですから、無垢材の床だけより家の温度をより長く保ってくれます。水が蓄熱をして、冷めにくい家となってくれはずです。

このような水蓄熱床暖房方式を取り入れています。

今後は壁、室内の建具、タイルの工事が始まります。

カテゴリー: 未分類 | 羽生の古民家は床を貼っています はコメントを受け付けていません。

羽生の古民家 改修が進み広々な居間が見えてきました

改修を進めている羽生の古民家ですが

改修が進み低かった天井を取り払い、広々とした空間となってきました。



大工さんの頭の上にあるのが、今まで2階の床板を置いてあった梁です。

更にその上に小屋梁があり、その一段目の梁を見せる高さで天井を作りました。

その結果、吹抜けの居間とすることができ、圧迫されていた部屋を一新し広々空間となりました。

梁も部分的に撤去していますので、柱に元々あった梁の跡が残ります。

その穴を大工さんが塞ぎます。古民家ならではの一手間です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

でもこれだけ広い空間とすると、寒さが気になります。古民家といえば寒い、との連想もされるように、寒い家でした。

この寒さを解消するため、断熱の工事も進めています。新しく作った天井、床下、壁に断熱材を入れています。

まず天井裏

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

右上にある白く写っているのが断熱材、厚さ20cmです。

床下と壁にも

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

元合った屋根と壁の間に合った隙間を大工さんが塞いでます。断熱をしても隙間風があると寒くなりますから、手ぬかりなく工事を進めています。

蓄熱する床暖房、断熱工事、隙間をふさいで暖かい家となり、お客様のご希望であった開放的な家に生まれ変わろうとしています。

カテゴリー: 未分類 | 羽生の古民家 改修が進み広々な居間が見えてきました はコメントを受け付けていません。

庭トレ第5回が開催されました。

本日、弊社モデルハウスにて、ガーデニングDIYサポートプログラム
「庭トレ」の第5回が開催されました。
今回は「家庭にあるもので作る有機肥料の作り方」がテーマ。
講師はgreenbuckerの木原さんです。
今回もお客様と一緒にお庭を作るトレーニングを楽しみました!

今回で5回目のワークショップ。
モデルハウスのお庭も回を追うごとに、素敵になっていきます。
今日植えていただいたコーナーはこんな感じです。

BEFORE
剪定を教えて頂いた時の写真です。

AFTER

アプローチの足元が、グリーンで素敵になりました!
(AFTERと言いつつ、まだ鉢に入っているものもありますが、この後植えました。ぜひ、お気軽にモデルハウス見学にお越しください。)

庭トレ後のお楽しみのランチは畑の台所さんです。
毎回美味しいお食事をありがとうございます!
今日は強風だったこともあり、ペレットストーブのある、
カフェスペース内でのランチとなりました。
参加者様同士ゆっくりと歓談を楽しみながらのランチタイムでした。

ご参加の皆様、木原さん、畑の台所さん、平昭さん、ありがとうございました。

次回は3/26(申し訳ありませんが、延期となりました。日程は未定です)
「庭にフルーツツリーを植えよう」です。
皆さんのご参加をお待ちしております!!

おまけ

植えたグリーンたち。毎回記録をしています。
新しいグリーンを知ることもまた、楽しみの一つです。

カテゴリー: 未分類 | 庭トレ第5回が開催されました。 はコメントを受け付けていません。

倒れていた柱を起こし筋違も追加しました。

羽生で進行中の古民家のリフォームですが

倒れていた柱を起こし、元々立っていたように直すことが出来ました。

写真のように斜めの材でつっぱたりワイヤーで引っ張って、苦労しながら目的を達成することが出来ました。

ここまでだと、また倒れてくることもあるだろうし

地震の時に横揺れを起こして倒れてしまうことも考えられます。

そこで、筋違も追加しました。

今回は4寸角の材を柱と柱と間に追加しました。

通常は厚さが45cmなのですが今回は120cm×120cmの材を斜めに入れて筋違です。

見ていて安心です。

更に、屋根の下にある梁にも斜めの材を入れ、建物がねじれないような工夫です。

水平構面の補強なのですが、この水平構面は忘れがちです。

建物を横に押すと筋違のある部分は動きません。

筋違のない部分は屋根が動いてしまいます。

屋根が極端に動いてしまうと、屋根の下にある壁や柱は壊れてしまい、建物が壊れしまうことになります。

これを防ぐために屋根面にも斜材を入れ、水平構面を補強しました。

当初、屋根の下の梁は丸太の梁で曲がっていますので、難しいかなと思いましたが、大工さんに相談すると、写真のような斜め材を入れることにし、直ぐに決定。

壁の筋違と屋根の斜め材による水平構面強化でかなり丈夫になったはずです。

カテゴリー: 未分類 | 倒れていた柱を起こし筋違も追加しました。 はコメントを受け付けていません。

古民家の改修工事が進行中です

羽生市で古民家の改修工事が進行中です。

古くからお住いでしたので不要な家財道具の整理から始め、傷んでいた床を取り払い、床下から湿気が上がらないようコンクリートを打ち

その後、本格的に木工事が進行中です。

建築後100年は経過し、増築をしていたり、屋根も葺き替えてあります。

けれども住むには薄暗かったり寒かったり天井で圧迫されているような感じから、リフォームをしたいとのお客様からのお電話でスタートしました。

今回のリフォーム工事によって、現代の生活、現代社会から 義務的に 要求される事柄に寄り添っていけるようにと思っています。

そんなことから


暖かい家としたい。


柱の傾きを直し、丈夫にしたい。

今まであった古い建具を引き払ってとにかく広いリビング、キッチン・浴室を更新して住みやすい間取りにしたい。

これらの3点を解決するリフォーム工事です。

暖かい家となるためには、熱が逃げないようにするために断熱を強化する、温まった物が冷めにくくなるように家の熱容量を上げる、この二つの方法があります。

古民家のリフォームで、今回は柱や外壁屋根は改修しない方針ですので、外壁と屋根に断熱材を入れることが出来ず、断熱を強化するには限界があります。それでも入れられるところには断熱材を入れるのですが。

そこで、残された方法、家の熱容量を上げることとしました。

一般的な木造住宅の熱容量は60~80kJ/㎡ですが、
室温をシミュレーションすると午前0時に20°Cだった室温は7℃まで下がってしまいます。寒すぎます。

今回のリフォームにより180kJ/㎡となる設計とします。そうすると7℃まで下がっていた室温は15℃まで改善されるシミュレーション結果を得ました。

15℃であれば1枚羽織れば良いくらいの気温です。

このために冷めにくい材料たとえばタイルを使ったり、水の蓄熱を利用する予定です。

カテゴリー: 未分類 | 古民家の改修工事が進行中です はコメントを受け付けていません。

【千葉工務店施工事例掲載】チルチンびと102号発売されました。

本日、チルチンびと102号が発売されました。

「特集 薪ストーブのやすらぎ」 の中で、弊社モデルハウスが掲載されております。
ソーラーシステムそよ換気とペレットストーブを組み合わせた、自然の恵みを利用した暖かい家の仕組みが紹介されています。

また、「特集 裸足と健康と木の家」に、今年5月に竣工した、
安藤建築設計工房設計、弊社施工の保育園が掲載されております。
子どもたちがのびのびと過ごす様子に、思わず笑顔になってしまう誌面です。

是非、書店で手に取ってみて下さい。
チルチンびとはバックナンバーも含め弊社にもご用意しております。
モデルハウスの見学も随時承っております。
ぜひ体感してみて下さい、裸足も大歓迎です。

 

カテゴリー: 未分類 | 【千葉工務店施工事例掲載】チルチンびと102号発売されました。 はコメントを受け付けていません。

庭トレ第2回開催されました。


本日、弊社モデルハウスにて、ガーデニングDIYサポートプログラム
「庭トレ」の第2回が開催されました。
今回は「庭木の剪定をマスターする」がテーマ。
講師はgreenbuckerの木原さんです。
今回もお客様と一緒にお庭づくりを楽しみました!

まずは、参加者の皆さんの植木にまつわるお悩みごとを聞いてみると…
思ったような形に育ってくれない。
本当は目かくしにしようと思って植えたのに、目線より葉っぱが成長しちゃって目の高さに目かくしがなくなっちゃった。
あれもこれも植えてみたら、予想以上に大きく育っちゃってどうしよう。
剪定の時期はいつでもいいのかな?
果実を植えたのに実が付かない。などなど
みなさん、うんうんあるあるとうなづいていらっしゃいました。

木原さんから、お悩みへの回答や基本的な選定の場所や切り方を説明してもらい、早速お庭で実践していきます!!


パチパチ鋏を使って不要な枝を剪定していきます 。

植えるのやりたい人―!はーい!

今回はフェイジョア(左)とグミの木(右)を植えました。
どちらも食べられる実のなる木です。成長が楽しみです。

庭トレ後のお楽しみ、ランチは畑の台所さんです。
ビュッフェ形式で見た目もお味も本当に素晴らしいんです!!
(取り分け前にずらっと並んだ写真を撮り損ねたのが悔やまれます…)
美味しいお料理とおでんで体も心も温まりました。

食後もモデルハウス内でゆっくり歓談を楽しんでいただきました。

ご参加の皆様、木原さん、畑の台所さん、平昭さん、ありがとうございました。

次回は「庭木で作る クリスマスワークショップ」です。
皆さんのご参加をお待ちしております。どうぞお楽しみに!!

カテゴリー: 未分類 | 庭トレ第2回開催されました。 はコメントを受け付けていません。

庭トレ第1回が開催されました。

昨日、弊社モデルハウスにて、ガーデニングDIYサポートプログラム
「庭トレ」が開催されました。講師にgreenbuckerの木原さんを迎え、
第1回は「庭をオシャレに見せるテクニック教えます」をテーマに、
お客様と一緒にお庭づくりを楽しみました!

木原さんに、おしゃれに見せる5つのアドバイスをいただき、
植え方、バランス、お世話の方法を教わりながら、実際に植えていきます。

そして完成したのがこちら!!

こんなに素敵なグリーンあふれるコーナーになりました。

そして、畑の台所さんのランチを皆さんと頂きました。

秋の味覚がたっぷりの贅沢なランチでした!本当に美味しかったです!!

食後もティータイムで和やかなひとときでした。
ご参加いただいた皆様、木原さん、畑の台所さん、平昭さん、ありがとうございました。
来年初夏までの全8回、引き続きよろしくお願いいたします!

素敵なお庭をお世話していけるよう、千葉工務店も頑張ります。
実は、植物に関して本当に初心者の私は、まずはせっかくお庭に来てくれたグリーンの名前の復習からスタートです。

(次回木原さんが名前などをまとめてきてくれるのですが、忘れないうちにメモしたものです)

海外のお友達が増えた気分です(笑)
寒さに負けず、グリーンの成長と一緒に千葉工務店のお庭管理力も磨いていければと思います。

カテゴリー: 未分類 | 庭トレ第1回が開催されました。 はコメントを受け付けていません。