リフォームで暖炉を入れる 1

こんにちは、川越 自然の家工房です。

千葉工務店では、暑い夏が終わり肌寒くなってくると
暖炉やペレットストーブを設置するお客様が増えます。
新築のお客様はもちろん、リフォームのお客様も
検討される方が多いのです。

でも、既存の住宅に暖炉やペレットストーブを
設置するのはハードルが高い・・と思っていませんか。
今回はリフォームで暖炉を設置した方の事例を
ご紹介します。

H様はキッチンとリビングを中心にリフォームを検討。
リビングにある出窓を壊して、
そこへ暖炉を設置しようという計画です。

before                                                                        after
      

いかがでしょうか。
before写真の左側、白いシート張り部分が出窓を壊した場所です。
そこへスキャンサーム社製の暖炉を設置しました。

暖炉はelements 603 tunnel(エレメンツ603トンネル)。
高気密住宅用暖炉の最新型です。
いつでも完全燃焼し、煙の排出量が最小限に。
日本の住宅密集地でも近隣へ十分配慮して使用することが
出来ます。

暖炉が入り素敵なリビングになりました。
リフォームの詳細は リフォームで暖炉を入れる 2 へ続きます。

株式会社千葉工務店 川越 自然の家工房
埼玉県川越市菅原町23-11
TEL049-226-7002 FAX049-226-7060
http://www.shizenkaikinoie.com/

カテゴリー: 千葉工務店の仕事 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です