ストラップづくりの意味は・・

こんにちは、川越 自然の家工房です。
7月21日(土)家づくり学校川越校さん主催の体感ツアーへ
我が社の社長と設計担当者が参加しました。

「本物の自然素材とパッシブデザインで叶える環境にも体にも優しい家を体験する一日」

川越からバスで出発し車中で自然素材の事やこれから向かう栗原村の事を説明します。
そして、自然素材を使用しパッシブデザインを重視して千葉工務店が建てた住宅が
15棟ほど連立する栗原村へご案内しました。
 
栗原村をぐるりと1周。皆さん真剣な眼差しで見ていました。
最後に工房山之内(陶芸小屋)をお借りしてストラップづくりにチャレンジ。
 
皆さん素敵なストラップができていました!
暑い中、ご参加くださいましてありがとうございました。

さて・・
千葉工務店のイベントではお馴染みの”ストラップづくり”ですが、
ただ単にやっているわけではありませんよ。

住宅を建てた時に木材の端材が出ます。
その端材を利用してストラップを作ってもらっています。

ウッドアクションという言葉をご存知ですか。
“枯渇していく石油資源ではなく、森林資源をもっと賢く使っていこうというアクション”
の事です。

木は人の為に3回働くのだそうです。
1、成長過程で二酸化炭素を吸収
2、木材として家や家具等になる
3、燃料となり火を生み出すエネルギーになる

端材でストラップを作るという事もこのウッドアクションになります。
”木”以外で造られたものは私達の周りにたくさんあります。
その”木”以外のものを”木”に変えてみる事が
ウッドアクションになります。
例えば、プラスチック製のまな板を木の素材に変える・・

皆さんも身のまわりにあるものを良く見てみてください。
どのくらいの”木”に囲まれて生活していますか。

株式会社千葉工務店 川越 自然の家工房
埼玉県川越市菅原町23-11
TEL049-226-7002 FAX049-226-7006
http://www.shizenkaikinoie.com/

カテゴリー: イベント パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です