千葉工務店の家づくりその1。

少し千葉工務店の家づくりについてお話しします。
今日は木材のお話し。

千葉工務店では、外国産材は使いません。

千葉工務店が国産材にこだわる理由。外国産材を使わない理由は少しでも国産材を使う事で、日本の森を健全に育てる事につながる。という思いからです。

お会いしたお客様へ、私の個人的に感じていることをよくお話しさせていただきます。
それは、今日本で自給率を高くできる物ってほとんどない中で、家をつくる木材は100%輸入に頼らないでできるんです。日本は、世界第2位の森林保有国です。国土の約7割が森林です。
それなのに木材自給率は約3割しかありません。7割は輸入に頼っています。遠くの国から‘もくもく‘と煙をはきながら船で運ばれてきます。それってどうなの??って思いませんか?

世界では違法伐採が問題となっています。多くは、東南アジア・ロシア・アフリカ・ブラジルと言われており、インドネシア50%ロシアでは20%だそうです。合法伐採と違い違法伐採は計画的ではなくお金の為に無計画に伐採するので、山が荒れ、山崩れや洪水がおきます。収入のために無理をして違法伐採を職業として事故により命を落としている人も少なくないそうです。
一部にはこの様な木材を使用しているのでしょう。安く家を建てる事が出来れば良いと言う考えでしょう。

合法伐採での輸入木材だったら良いのでは??と思うのですが。。
運搬中に腐らない様に防カビ材を使用したり、害虫を処理する薬剤を使用したりします。
外材については、色々な事があるので、外材を使用するメーカーさんや工務店さんとお話をしている方は、是非この辺を聞いてみて下さい。答えてくれると良いのですが・・・・・

お伝えしたいことは、自分の国にこんなに沢山の森があり建築用の木材があるのに、わざわざ外国産材を使用する必要があるのか??という事です。

家づくりをお考えで、気になる人はどうぞ自分で確認して下さい。
納得できる方は、それでよいと思います。少しでも気になる方は確認しましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
和光市のF様ご夫婦です。ご夫婦で大黒柱を伐採しました
私達は、この木はどこが産地??はありません。
山と直接取引をし、トレーサビリティのとれる木材を使用しています。

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です