古民家の改修

みなさんこんばんは!

昨年に引き続き今年も古民家の改修の仕事を行っています。

やはり古民家の改修は大変です。

でもやりがいもあります。

現在の仕事内容は建物の解体をある程度行ってその後構造補強とゆがみ(建物の傾き)を治す作業をしています。

そして、足元を補強していきます。

そのために欅の柱を加工します。

杉や桧のように簡単に加工はでき内容です。

それだけ柱としては強度が強いということです。

これで足元は固まりました!

さて次は?

ちなみに現場の物入れで気が付いたこと。

床の間の違い棚の中まで左官材が塗ってありますが仕上げはラフな感じです。

床の間の壁はきちんと仕上がっています。

こんな仕上げ方もありですよね!

こんな古民家の改修も千葉工務店では大工技術がありますのでご相談ください!

そんな千葉工務店のHPはこちら!

Instagramもあります!

そちらのフォローもお願いいたします!

千葉工務店の写真集です!<NATURAL_ARC_CHIBA>

こちらは私のInstagramです!<CHIBAARC>

カテゴリー: 古民家, 日々の事, 自然素材 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA