間取りをつくるのに収納率って本当に必要?

みなさんこんばんは!

最近、同時に何物件かのプランニングをさせていただいているのですが

今回のお話は収納について。

みなさまはよく”収納率”って言葉は聞いたことがありますか?

部屋、もしくは家の床面積に対して何%~何%までを収納にするといいのですよって数字です。

※SUUMOのサイトより

確かに全く収納がない家ってどうなの?って話はその通りだと思いますが、

無駄に収納をつくって物を押し込んで、その上その収納の前に物をおいてしまったりしています。

収納は必要数はつくるべきですが、率で決まる物ではないと思っています。

たとえば、一昨年竣工した吉川市のT様邸。

間取りはこんな感じです。

外観はこちら

シンプルなほぼ平屋のお宅です。

内部はこんな感じです。

この写真にほぼ収納が写っています!

写真右の押入、写真上のロフト、写真左の本棚などすごくシンプルに収納されています。

ちなみにロフトは除いて収納率計算しますと、4.3%でした。これですと足らないことになりますよね?

しかし薪ストーブ脇の本棚やキッチン内のカウンター下の収納で十分な用です。

おそらくいろいろな家づくりがあると思うのですが、大切なのはそこにすむ人と十分話し合いながら間取り(収納)を考えることだと思います。

かくいう私も収納はかなり下手です。

物を減らすことが下手な物で、、、

まずは物の持ち方から考えると家ってすごく好くなると思います!

そんな千葉工務店の家づくりはこちらです!

千葉工務店のHP

自然回帰の家のHPはこちら!

カテゴリー: 日々の事 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です