富士山報告、後半です。

さて、9時から登り始めた富士登山ですが13時には山小屋へ到着!

今年選んだ山小屋は万年雪山荘です。

選んだ理由は、、、

ご飯がいっぱい選べるから!

なんてこったい。と思った人。富士山の山小屋でいろいろな物が食べられるのは貴重なんですよ!

ということでチェックインと同時にお昼ご飯です。※写真撮り忘れました。。。

その後、一休みして頂上へ!

今回の計画はこうです。

天気も悪いし明日の行程を考えても一端頂上には登ってご来光が望めるならばこの地、9合目でご来光を見よう!という計画です。

でもこの計画には上島さんにも言っていない壮大な計画をその裏に隠していたのです。

それは追って報告します。

さて、気を取り直し、装備も軽く軽快に頂上へ目指して歩きます。

しかし装備がないだけでなんと体が軽いこと。

でもこの行為が後で大変なことに。

無事に九合五勺に到着。しかも30分、当然かかっていません。

そこで休憩しているとなんと雨が、、、

”この先雨降らないだろう”と雨装備おいてきて、ずぶ濡れに。

上がるも下がるも何ともいえない状況から登りを選択。

雨に濡れながらの頂上制覇でした。

頂上ではお守りを買ってそれでおしまいに。※ここも写真にないので去年のを。

去年は晴れ。。。

その後、山小屋まで戻ってなんと居酒屋、万年雪山荘をスタートです。

ビールにもつ煮、缶詰にポテトチップ。

その後、焼酎のお湯割り、なんとおまけで焼酎が多い感じの。

2杯目に至っては、さらなるおまけ付きでかなりの酔っ払いに。

そうして夜は更けていったのでした。

上島さんお休みなさい。足は伸ばせないけどね!

そして次の日です。

ご来光は、、、

やっぱりなしですね。

何となく明るくて朝日が昇っているのはわかるのですが。

そうして九合目を出発です。

あっという間に八合目。実はこのときもう一人お供が。

ツアーで来ていたMackyさん。昨日登山中に体調不良を起こしてツアーから抜けて一人万年雪山荘に泊まったのでした。私たちの居酒屋タイムにお隣で食事をされていたので少しお話しして一人で不安ならば八合目まで一緒に行きましょう!とお誘いしたのでした。

Mackyさんとはここ八合目でお別れです。

なぜかというと、私たち二人の目標は宝永山山頂だからです。

宝永山山頂に最短で行くには、富士宮口八合目で御殿場口にトラバースするのが一番いいからです。

雲の間から一瞬見えた宝永山山頂!

その後、富士山歴8年の私が唯一2度宿泊させていただいたわらじ館へ到着です。

ここで少し休憩。

わらじ館の親父さんは覚えててくれました!

その後頑張って宝永山山頂へ。

見事に何も見えません。

その後、宝永山第一火口までおりていき少しの登りを経て宝永山第一火口縁へ

看板を見ていただくとわかるように右に行けば20分で富士宮五合目。そしてそこからシャトルバスに乗れば水ヶ塚駐車場には一時間半後にはつくのですが、、、

上島さんへ悪魔の誘惑。

「左に行きましょう!、歩き続ければ2時間半で水ヶ塚駐車場につきますよ!」と。

これにはあまり景色もよくないので物足りなかったのか上島さんも乗っかり歩いて一合目の水ヶ塚駐車場を目指すことに!

約50分歩くと御殿庭中に到着!

水ヶ塚駐車場まではあと100分らしい!

少しおりて御殿庭(下)へ

水ヶ塚駐車場あと75分!

途中、なんか真っ赤な物が、、、

何の植物なんだろう???

そうして須山上り一合五勺に到着!

水ヶ塚駐車場まであと30分!

水ヶ塚駐車場まであと5分まで来ました!

しかしここから御殿場口五合目は125分、富士宮五合目は205分、、、

さっき登っていった女性が。

すごいなー

ようやく水ヶ塚の一合目に到着です!

ふと振り返ると、、、

熊。。。

出るんだーと少しびびったのでした。

今回の富士登山は他人を巻き込み一合目まで下山するという計画でした!

ではまた来年、頑張ります!

千葉工務店のHPはこちら!

カテゴリー: 日々の事 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です