柱の取り換えと自然回帰の家in四街道5年点検

今日も暑かったですね。

それとは別に、雨もたくさん降っているようです。

各地域の方々気を付けてください。

本日の仕事ですが先月下見に行った玄関柱の取り換え工事と5年点検です。

まずは柱にとりつけてある雨どい(銅板でできています)を取り外します。

その次に根元が腐った柱を取り除くのですが、当然この柱は玄関の屋根を支えています。

ではどうしたらいいのか、、、

そこで登場!

ジャッキです!これで柱がなくても屋根が支えられます。

仮の柱を入れて、、、

柱を外した後にはこんな感じで木がぼろぼろに。

本来の柱を支えるこの沓石は中心に穴が開いていて柱にできている”ほぞ”を差し込み支えるものです。

そのほぞが見当たらない、、、

ほぞは腐って土化していました。

周りの部分だけが固い状態の柱の下部。

さて、ここからは新しく入れる柱を刻んで入れます。

ほぞの加工を行って、今回は柱に塗装も行って完成です。

その後は、この現場から約20分程度、四街道市にある自然回帰の家の5年点検です。

焼杉板と外ん壁の外装です。

点検初めは外回りから。

こんなところも点検です。

配管が基礎を通って建物の中に。この部分のコーキング材などが切れて水の侵入やシロアリの侵入がされな用に確認です。

住み心地がいいのは当たり前として、長持ちする家でなくては!

そうはいっても経年変化もします。

ウッドデッキはこんな感じです。

かなり傷んでいるように見えますが、まだまだ腐っていません。

ただ、ひび割れたりしている個所から腐りやすくはなりますので表替え?してもいいと思います。今回もお客様自身で表替えするようです。

とにかくいい家です。(自画自賛)

こんな自然回帰の家を作っている、千葉工務店のHPはこちら!

カテゴリー: 日々の事 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です