撮影、、、

本日は高千穂のPR用の撮影でした!

当社のモデルハウスは中も外もシラスの壁です。

そしてつい先日の4月1日には、洞窟の家シリーズを一部再現した部屋を作りました。

※ごめんなさい写真がない、、、

そんなシラス壁を標準にしているわが社ですが本日改めてなぜ使っているのかを聞かれました。

いつのまにか標準仕様にしていたので、

ん?っと考えたしましました。

そもそもは、リシン掻き落としの壁になんとなく疑念を抱いていたのが始まりです。

悪いわけではないのですが、なんとなく昭和なイメージがするというか、、、

当社でも過去にはこれで仕上げた家がたくさんあり、その家を否定するものではありません。

そして高千穂さんの「そとん壁」ですが当社では2006年から塗り始めています。

もう、12年以上前からです。

内装材にも中霧島壁ライトを標準的に使用してきました。

そして、その左官材のインタビューです。

 

※おなかが出てるなー(汗)

今回、あらためてお客様にどんなアピールをしているのかなど聞かれたのですが、、、

ごめんなさい、いいものは”いい”で済ませてました。

考えを新たに。

Q・なぜ使っているのか?

A・他の左官材に比べて、調質効果や消臭効果に優れていて、環境破壊の面でもいい。そして地元の農家さんにも参加いただいて「新・二毛作」も行っています。

建物にとっても内外装ともにシラスを使うとまるでGORE-TEXのように雨は侵入させないけど湿気はおさらばって感じにもなります。

そんな理由で、内装はシラス壁か板壁の2択になっています。

天井も当然、シラス。

最近では、床より2mまで板壁を張りその上と天井をシラスで仕上げるなどもしています。

そんな取材の映像が出来ましたらまた報告しますね!

さて、では本当にシラスはすごいのか?

以下の案内をご覧ください!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

シークレット見学会のご案内です!

梅雨のジメジメ嫌ですよね。湿度があるだけで家の中がムシムシ・ジメジメしませんか?

今回は梅雨のシークレット見学ツアーです。

お申し込みは、千葉工務店イベント情報から、もしくは、

048-985-7002までご連絡ください。

 

日時:6月17日日曜日 13:00 千葉工務店 越谷本社 集合
~17:00 千葉工務店 越谷本社 解散予定

※事前予約制 限定5組 (締め切り6月15日金曜日まで)

 

 

カテゴリー: 日々の事 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です