木造スロープのある家【東京都足立区】

**家づくりストーリー** 書き手:営業部長 川田

初めて飯田さんに会ったのは、会社が休みのゴールデンウイークでした。
飯田さんの長女が脳性麻痺である事、身体障碍者の家を多く設計している建築家との契約が迫っている事、そこに依頼し無機質の家で良いのかという思いなど、色々とお考えのご様子でした。その時は、ご主人お一人でいらっしゃいましたので、次回はご家族で来てほしい事、千葉もお打ち合わせへ同席する事などを約束しました。ご家族でモデルハウスへお越しいただき、麻衣ちゃんが無垢の床に座った時の表情を見て、ご夫婦は千葉工務店に決めたと後でお聞きしました。

設計は千葉が担当し、当たり前の既製品を使うのではなく、「麻衣ちゃんに合わせた家をつくりましょう。」でスタートしました。お打ち合わせのたびに、飯田さんはプランに驚かれたようです。飯田さんは当初バリアフリーの家が麻衣ちゃんに負担もなくいいなと考えていたそうですが、千葉の提案したのはスキップフロアのプランでした。とても驚いたようでしたが、同時にワクワクされたようです。完成後は、お宅訪問やイベントへの参加など、楽しいお付き合いをさせていただいております。

飯田さんは足立区で、飯田クリニックを開業しています。
千葉工務店スタッフの健康診断は飯田クリニックでお願いしています(笑)。

飯田さんの家は、チルチンびと79号に掲載されています。
また、千葉工務店のコンセプトムービーにもご出演いただいておりますので、ぜひご覧ください。

設計担当 千葉弘幸
大工棟梁 田頭 正
構造規模 木造2階
建築面積 266.21㎡(80.52坪)
延床面積 211.63㎡(64.01坪)
構造材 紀州産 山長商店
外:高千穂そとん壁
内:高千穂中霧島ライト
断熱 サーモウール
床材 静岡産 杉30㎜

関連ギャラリー

  1. 八角形の大黒柱の家

    八角形の大黒柱の家【埼玉県和光市】

    深井さんが購入した古い建具を入れることや、外構は造園業を営むことからご自分で手掛けられたり、栗駒バスツアーに参加し、自分で伐採した杉を八角の大黒柱にするなど、こだわりが詰まった家となりました。

  2. 木造キッチンの家

    木造キッチンの家【千葉県柏市】

    自然素材の家と方針を固められてから、数社で検討し、最終的に千葉工務店に決めていただきました。

  3. 能瓦の家

    能瓦の家【埼玉県さいたま市】

    解体工事と地盤改良工事を土木工事業者として携わらせていただきました。

ページ上部へ戻る